独立開業応援相談室
新しい自分を発見してみませんか!? 

独立開業メール相談受付中!

FC2カウンター



プロフィール

独立開業応援相談室

Author:独立開業応援相談室
私たちは、皆さまの開業の夢を叶える中小企業診断士グループです。
公的機関窓口でのアドバイザーやセミナーの開催などを通じて、
一人でも多くの方の“悩み”や“不安”を解消すべく活動しています。



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



メール相談



メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSリンクの表示



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライブバーを始めたい

独立開業相談室


♪当コラムでは、ブログに寄せられた読者からの独立開業相談などの中から、
 「よくある事例」をアレンジして掲載させていただいています。


【Question】
ライブバーという形での飲食店を起業予定です。

食事や飲み物の提供とともに、
従業員による唄やダンスなどのショーも提供する飲食店を目指しています。

東京都内にて、
営業時間は18:00-23:00、
ターゲットは20代後半~30代前半の独立女性です。

客単価は3,500円~4,000円程度を設定。
1日3回転の回転率を想定。
店舗は20坪程度を設定。
居抜き物件で、家賃は月25~30万円程度を検討しています。

上記のような店舗を開始するのに初期費用がいくらかかるでしょうか?

また、精度の高い費用算出をするためには、
どういった点に気をつければよいでしょうか?

上記の店舗でサラリーマンひとりが食べていける程度の利益が出せるものか、
無理ならば出すためにどうすべきか悩んでいます。
(都内在住 男性)

【Advice】
売上計画、資金計画を立てる上で大切なポイントは、
「売上は控えめに」「費用は多めに」です。

人間の心理として、多くの方は、
「売上」を想像と期待にまかせて過大に見積もり、
「経費」は最低限の見積りで済ませようとしがちです。


【初期費用】
まず、
バーなどの飲食店独立開業する場合、
下記のような初期費用が必要になります。

○物件保証金
○物件礼金
○造作代
○内外装工事費
○厨房設備工事費
○設備費(レジ、空調など)
○什器・備品費
○開業前広告宣伝費
○アルバイト募集費
○開業時商品仕入代金
など。

家賃自体は月25~30万円程度を想定されているようですが、
飲食店で成功するための第一の要因は「立地」ですから、
好立地の場所の場合、想定金額を上回ってしまう可能性もあります。

具体的な店舗を探索して、実地検分し、
「分かりやすい」「入りやすい」「雰囲気がよい」などの
自店のコンセプトと合致する物件の相場をチェックしましょう。

場合によっては、
3,000万円~5,000万円程度の初期費用が必要になるかも知れません。


【運用費用】
次に、
日常的な運用費として下記のようなものを想定する必要があります。

○仕入原価
○地代家賃
○人件費
○販売促進費(広告宣伝費)
○水道光熱費
○減価償却費
などなど。

常連客をつかむためには、
「立地の良さ」(店舗までの導線)に加え、
チラシ配布やDMなどの「広告宣伝」(導線の告知)が欠かせません。

また、
お客様が求めているニーズにしっかりと応える
オリジナリティ溢れる特徴のある「店舗づくり」が求められます。

ライブが提供する顧客への価値の程度・品質にもよりますが、
飲食店の原点である「豊富な食事メニュー」や「ドリンク類の品揃え」
などの点でも、ニーズに合わせ、個性を発揮する必要があります。

場合によっては、
顧客から割引券やメンバーカードの発行が求められるケースも
考えられます。

また、
飲食店の開業にあたっては、
所轄保健所の食品衛生課に営業許可を申請するとともに、
最低1人は「食品衛生責任者」を置く必要があります。
つまり、接客品質等の資質や資格等の従業員の質(人件費)にも
考慮が必要です。

こういった観点から、
月々の必要経費を詳細に見積もりましょう。


【売上計画・利益計画】
20坪程度の店舗を設定されているということですが、
ライブショーの場所も考えると、
席数は20席程度になりそうですね。

客単価として3,500円~4,000円程度、
1日3回転の回転率を想定をなさっているので、
1日の最大売上は24万円になりますでしょうか。

留意点は、
24万円は「あくまでも最大値」ということです。
開業当初は思うように来店してくれないこともあるでしょう。

「売上は控えめに」「費用は多めに」がポイントです。

A.万一予想通りに来店が得られなかったら?
B.概ね予想通りに事が運んだら?
C.予想を上回って2号店の展開が必要になったら?
といった「シナリオ」を作りましょう。

それぞれの月間スケジュール~年間スケジュールを検討し、
初期費用の返済までの道筋をしっかり見据えたうえで、
いつ頃になったら目論み通りの利益が出そうかどうか、
事業計画を策定してみましょう。

【ご参考】
失敗しない独立開業10のポイント

☆セミナーを開催します!

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yume33b.blog129.fc2.com/tb.php/46-884e8e93



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。